てんびん座の新月。

自分と他者の調和は、そのまま、そのまま、自分と自分の調和。

てんびん座の世界の手前に、うお座という膨大な「こころ」の領域があり、おとめ座というどこまでも微細な「感覚」の領域があるのは、その(結果的に)とても軽やかな調和に至るためなのでしょう。

わたしがあたらしくなれば、世界もあたらしくなって。そして、他者もあたらしくなっている。どんどん更新されるわたし。どんどん更新される世界。どんどん更新されるあなた。

世界って、やわらかくて、おもしろいですね。


Mount Eerie – Love Without Possession