ちょっとかなしい
気持ちになって
いるのでしょうか?

何もないように
見える?

誰もいないように
見える?

ないところを
暗いところを
誰もいないところを
見てしまっているみたい

見ていないところを
見つめてみる

ゆたかなことほど
当たり前に
なってしまう

誰かの当たり前は
いつだって
他の誰かが
望んで止まないこと

そうやって
みんなで少しずつ
凸凹しながら

みんながいろいろを
体験している

ほら
たくさんあるみたい

窓の向こうには
暖炉の火も揺れて

大切なひとたちが
集って
待っています