剣を降ろします

固めて固めて
武装して

どこか怖くて
守っていた

それはきっと
必要なこと
必要な時間で

けれど

守るために
作った壁が

その手を
遠ざけてもいた

もう守らなくても
大丈夫

あの時のあなたより
ずっとずっと
おおきいのだから

壁を取り払った
その向こうに

あなただけの世界が
あなたのために
用意されていること

ふたつの目で
見つけます