もう少しだけ
待っています

待つというのは
選択肢のないこと
ではなくて

敢えてそう
選択していること

待たなくてもよい

でも
待ってみている

時間は魔法の材料です

時間を使って
物語をどう料理するのか

空間を使って
物語をどう料理するのか

もう少しだけ待っている

あなた自身の情熱が
戻ってくるのを
待っているのかもしれません

あともう少し
火はもうついています