はじめのころ

2020の色が
すでにたくさん

流れ込んで
滲み出してゆく

いつもは少しずつ
明けてゆく
あたらしい
1年という時間も

もうきっと軽々と
その扉をひらいて

出し惜しむことなく
その色を
教えている

透明な水晶が
ゆっくりゆっくり
くるくるまわって

虹色のひかりを
反射するように

透明なこころが
虹色にひかる世界を
映し出す

その虹を
世界に
見つけてゆく

見つける目を
もうすでに
持っているのです

だから待つことなく
世界は
明けてゆきます


なかのころ

11日の頃から数日間
アクセントが
置かれています

おわりとはじまり

ここでおわること
ここからはじまること

印象的な出来事とともに
幕が降りて
幕が上がります

卒業するから
進学するように

はじまりとおわりは
いつでもひとつ

何かが次の段階へ
入ってゆく

2020は
どこまでも
こころの透明さが
鍵になる

それがそのまま
反射するのだということ

今ではすっかり
わかっているから

嘘をつかないこと

透明な水を
飲むように

こころを
静かに静かに
見つめてみる

透明に透明に
還すように

そして

反射してあらわれる
世界を見つけてゆく

そこにはじまりのしるしの
いくつかを
いくつもを
見つけるはずです

満ちて
溢れる

おわって
はじまる


おわりのころ

時間のはじめ

2020という色を
濃く伝えた宇宙(そら)が

少しずつ解けて
ゆきます

最初に地図を
渡され
読み取ったら

しばらくは
地図から離れ

その時々に
必要な作業へ
移ってゆくように

ここで何を
あたらしくするのか
見えているのは

この先も
持ち続けるそれの
大切さを知っているから

あたらしさへ
ひらいてゆくこと

それはいつでも
なつかしさへ
還ってゆくこと

ずっと知っていたことを
思い出してゆくこと

だから
間違えようが
ないのです

はじめましてと
お帰りなさいが
出会う場所に
立ちます

こころの底
普段は仄暗い
その場所が

きらりと光って
知らせます

暗闇は
やさしくて

いつも一緒に
生きていて

時に光となって
照らし
教えてくれる

本当は
知っていたこと

ずっとずっと
知っていたこと

そして光はそっと
暗闇へと帰ってゆきます

次の時まで
やさしく目を瞑ります