この先ますます「自分の感覚で」選んでゆくことが大切になってゆくのだろう、そんなことを感じています。

星の世界は魅力的で、たくさんの人たちがメッセージを発信している。それはとてもすてきなこと。そして、誰かが発信するメッセージを受け取りながらも、「自分が自分のメッセンジャーである」こともきっととても大切なのだろうと想うのです。大それたことではなく、日々のリズムを感じている、自分自身を知っている、そんな意味合いにおいて。

占星術には特有の「むずかしさ」があります。エキスパートになろうと覚悟して挑む人は問題ないかもしれませんが、そうではない人が「ほどよく」その仕組みを理解し、日々の暮らしにあってその感覚を身に付けようとするとき、この「むずかしさ」がネックになるなとも感じていました。

一回限りのワークショップは気楽に参加できるけれど、情報量の多さに戸惑って終わってしまうかもしれない。けれど、長期にわたって時間を掛けて受講するのは重すぎる。両者の間で扉を開けることができずにいる方が多いのかもしれません。

ヨガのドロップインのように、好きなときにふらり立ち寄って、順序が多少前後してゆきつ戻りつしたとしても、何度か立ち寄ることで星の世界の感覚が身に付く。そして、その後のふとしたタイミングにあらためて立ち寄って、身につけた感覚を調えることもできる。そんなスタイルでお届けできたら。

そんな想いから「暮らしの占星術」をデザインしました。

開催場所はオンライン、テーマは6つほどご用意してあります。

|g-1|イントロダクション / 10天体について / 12サインについて
|g-2|10天体について / 12サインについて
|g-3|12ハウスについて / アスペクトについて
|n|生まれ持った星を読み解く
|t |星のめぐりを受け取る
|m|発信に占星術を利用するひと向け / 使い方とヒント
|v|金星について

流れがあるものは順番に、それ以外はランダムにスケジュールします。テーマn、t、m、vはそのときどきで内容も変化すると思います。また、これら以外にも臨時開催するテーマもあるかもしれません。

基礎から順に流れに沿ってご参加いただいても、気になるテーマだけ選んでご参加いただいても、一度では把握しきれなかったテーマに何度かご参加いただいてもOKです。同じテーマでも違うメンバーと過ごす時間で新たな発見があるかもしれません。

みなさんがご自身と出会う時間。暖かくなったら始動予定です。詳細はその頃に。