強めの流れに、欠片のように残っていたちいさな想いも押されて浮かび上がる。

忘れていたわけでもないし、知らないふりをしたわけでもない。少しだけ残っていたこと。登場人物すらもうその想いの場所にはいない。

そんな想いがあったなあとそっと手に取る。見つめる。知っていたよと伝えてあげる。

やわらかさへ還る。