変化してゆく。

これまで持っていた「当たり前」が消えてゆく。

紐づいていたこと、暗黙の了解、そうであることが(勝手に)期待されていたこと、その期待の(自動的な)受け取り、想定、その枠組みの中で決め込んでいた価値、そうしたことも(きっと)一緒に消えてゆく。

一部が消えて、一部が残っていたり、そんなチグハグから生まれる違和感であったり、そうしたものも感じながら、手離してゆく。

「その先に、どんな世界を見たいのか」