小説『名前のない森』🗝| 全7章 33回 |

森と街、仔鹿と彼、陽光と雷雨、教会と閃光、ひとりとふたり。交錯しながら溶け合う、ふたつの物語。


キャンドルナイトの物語

ひとり静かにキャンドルを灯す夜の、ちいさなちいさな物語。


瞬間の物語

瞬間に訪れる、ひとひらの物語。