きみはぼくが


出来もしない約束をしたと思っている。


だけど、ぼくが魔法使いだってこと


きみに教えるわけにはいかないんだ。


それはきみが見つけること。


いつもそばにいる。


それはほんとうのこと。


でも、きみが見つけないといけない。


ぼくが教えたら終わってしまうんだよ。